脂肪吸引とは

脂肪吸引の技術進化とは

脂肪吸引とは、皮下脂肪を特殊な吸引管で直接吸い取る手術です。
ダイエットをしても体質のせいかなかなか痩せないとか、ちょっと部分的に脂肪を落としたいという方に注目されている方法です。
脂肪を吸引することで、脂肪細胞ごと取り除いてしまうので、リバウンドも無いというメリットがあります。
昔の脂肪除去というのは、手術切除が主流でしたが、この手法が確立されてからは、傷跡が小さいという理由から脂肪吸引が主流になっています。
脂肪吸引の技術は日々進歩しています。
最初に使われていた技術は、体内式超音波脂肪吸引と呼ばれ、第一世代超音波方式となっています。
脂肪に直接超音波を照射して脂肪細胞を破壊し、吸引していく方法ですが、超音波の威力が強すぎて内側から皮膚を傷つけたりする可能性が高いものでした。
それでも約70%の脂肪を取り除くことが出来ました。
次に第二世代の超音波方式である、体外式超音波脂肪吸引が開発されました。
これは皮膚の上から超音波を当てて脂肪を柔らかくして吸い取るのですが、初代よりも体の負担が少ないというのが特徴です。
これも超音波を当てる際に表皮を火傷する可能性があり、脂肪の除去率も第一世代と変わりない70%程度でした。
次に開発されたものは、超音波ではなく吸引管が直接振動するものでPALと呼ばれるものです。
この手法は難点も多く、現在では殆ど使われていません。
そして、エルコーニアレーザー方式とボディジェット方式です。
エルコーニアレーザーは脂肪吸引に使用する低出力レーザー機で、ボディジェットは吸引管の先から出るジェット水流で脂肪を分解し吸引していく方法です。
どちらも初期の頃よりも体への負担が少なくなっています。
現在使われているのが第三世代の超音波方式で、ベイザー脂肪吸引と呼ばれています。
吸引管の先からベイザー波と呼ばれる脂肪を乳化させる振動エネルギーを出し、硬い結合組織も柔らかくして脂肪を吸い取るというもの。
脂肪除去率が90%と高く、ベイザー波の止血効果や皮膚の引き締め効果もあり、過去の技術に比べて非常に効果が高くなっています。
進化を続ける脂肪除去手術は、今後もさらに安全性を高めた技術が確立されていくことでしょう。

脂肪吸引の紹介

脂肪吸引の方法とそのメリットとは?

脂肪吸引手術の方法

太もも内側と膝の脂肪吸引の体験談

脂肪吸引の体験談1

脂肪吸引をとうとう決意しました

脂肪吸引の体験談2

ダイエット失敗で脂肪吸引を

脂肪吸引手術の体験談

脂肪吸引とその他のダイエット関連における金額感について

脂肪吸引手術の金額感

脂肪吸引手術の後遺症をなくすためには、技術と経験が確かな医師選びを

脂肪吸引手術の後遺症